株式会社クリエネは、太陽光発電(ソーラー分譲)や蓄電の普及に力を注いでいます。

LED照明で節電・コスト削減

LED照明は、最も効果的な節電対策です。電球や蛍光灯をLED照明に交換するだけで、節電とコスト削減を実現できます。

クリエネでは、オフィス、倉庫・工場、飲食・小売店舗向けに、白熱電球、蛍光灯、水銀灯、ハロゲン、街路灯、外壁灯、防爆灯、投光器などに対応したLED照明を用意しています。

LED照明の導入メリット

節電効果は最大10分の1

LED照明は、少ない電力で従来の照明と同等の明るさを維持します。

照明タイプごとに違いはあるものの、従来の照明に比べて約1/2~1/10程度の消費電力のため、オフィスや商業施設などの照明が多い場所ほど大きな節電効果が期待できます。

省電力のLED照明なら、間引き点灯による節電ではなく、快適性を損なわない節電が可能です。

FAWOO LED照明 同等の明るさの照明 同等の明るさの照明との
電力比(参考値)
蛍光灯タイプ 22W 蛍光灯 40形 約1/2
水銀灯タイプ 80W 水銀灯 400W 約1/5
ハロゲンタイプ 16W ハロゲンランプ 80W 約1/5

LED照明は、ランニングコスト(光熱費)を大幅に軽減します。蛍光灯の約4倍の長寿命で交換の手間が省けるだけでなく、電気代が安い、発熱が少ない、有害物質を含まない、虫が寄ってきにくいなど、多くのメリットがあります。


調光タイプで節電対策

FAWOO LED照明には、調光器対応タイプのLED電球もあります。使用する目的、および天気に左右される窓明かりによって、光の明るさを調節し、さらなる消費電力の節約を可能にします。 従来の白熱電球で用いていたロータリー式、スライド式など既存の調光器と組み合わせて使用することも可能です。

CO2削減効果で環境に優しい

省エネやCO2削減は、照明の分野においても取り組まなければなりません。
その一つの解決策が、LEDを使った照明です。省電力のLED照明を使うことにより、排出されるCO2も削減され地球温暖化防止に貢献します。

助成金を取得できる場合も

LED照明なら、使用エネルギーを大幅に削減できることから「エネルギー使用合理化事業者支援事業」など、官公庁や独立法人、自治体などが公募する助成金(補助金)に申請することにより受給できる場合があります。

助成金の取得には、さまざまな条件があります。まずは、クリエネにご相談ください。


LED照明の導入事例

導入事例は準備中です。